核不拡散条約(NPT)

2016.12.15

1963年に採択、70年に発効した条約。現在190か国が加盟している。条約には次の3つの柱がある。

  1. 米、英、ロ、仏、中の5つの核保有国以外の国が核兵器を持つことを禁止する(不拡散)。
  2. すべての国に核エネルギーの平和利用の権利を認める(平和利用の権利)。
  3. すべての国は核兵器全廃のための条約を誠実に交渉しなければならない(核軍縮義務)。

このようにNPTは核軍縮交渉を義務付けた唯一の世界的な条約だ。核保有国は1.と2.は重視するが3.には不熱心である。一方、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮はNPTに入らず(あるいは脱退して)核兵器を保有してしまっている。このような状況を何とかしようと始まったのが「核兵器禁止条約」交渉だ。(注:原子力発電を「平和利用」と呼ぶことに異論はあるが、条約ではそのように分類されている。)