561号(2019年2月1日)

公開日:2019.01.29

    • 金正恩「年頭の辞」    非核化への対話路線を継続    昨年の南北・米朝関係の改善を評価し自賛
    • 朝鮮の金正恩委員長は元旦、「年頭の辞」を発表した。昨年の演説は、北朝鮮選手団の韓国・平昌オリンピックへの参加の意思を示し、その後の南北対話の急進展の前触れとなった。今年の演説は、昨年の南北・米朝会談は関係改善をもたらし、朝鮮半島の平和に貢献したと評価し、昨年始まった南北の緊張緩 和と協力の拡大、米国との対話努力を今年も続けていく方針を明らかにした。
    • <資料> 金正恩朝鮮労働党委員長の「年頭の辞」(抜粋訳) 2019年1月1日   
    • 展開する朝鮮半島情勢 北東アジア非核兵器地帯の出番だ!    
    • ジャッキー・カバッソー(米西部諸州法律財団代表)
    • [連載]いま語る― 86 平和運動を横のつながりで盛り上げたい
    • 中島大樹さん ユース・ネットワークを模索
    • [日誌]核・ミサイル/沖縄(19年1月6日~1月20日)