平和のための調査研究を行うスタッフを公募します

2018.05.28その他

2018528

特定非営利活動法人ピースデポ

(所在地:横浜市港北区)

 

1.ピースデポについて

 ピースデポは、市民の手による平和のためのシンクタンクです。1997年に設立され、2000年に特定非営利活動法人(NPO法人)になりました。核兵器廃絶や軍事力によらない安全保障体制を目指し調査・研究・情報活動を行っています。組織や活動については次のウェブサイトをご覧ください。

http://www.peacedepot.org/

 

2.スタッフの仕事と期待される力

次のような仕事をとおして新しい活力を吹き込んでくれるような新スタッフを募集します。

 

2-1 スタッフの仕事

1) 核兵器や安全保障に関して、内外の一次文献に基づく調査・研究をすること。

2) 隔週発行の情報誌「核兵器・核実験モニター」や毎年出版されるイアブック「核軍縮・平和」等の出版物を編集し、それを通して調査・研究の成果を市民に提供して問題提起すること。

3) 主催する研究会、集会などの広報や準備をすること。

4) 会員・読者等サポーターと良好なコミュニケーションを維持すること。

5) 国内外のNGO、市民団体、研究者組織等とのネットワークやキャンペーンのコーディネートをすること

6) 組織運営・維持のために必要な諸活動=名簿管理や会計実務、事務所維持に必要な庶務全般

を分担すること。

 

2-2  新スタッフに期待される力

1) 平和実現のための情熱を抱いていること。

2) 調査・研究と成果発信、及び海外のNGOとの折衝に必要な語学力を有すること。(英文和訳は必須、和文英訳もできれば望ましい。他の言語にも精通していればなお望ましい。)

3) 外国語文献を翻訳して市民に提供するために必要な日本語の文章力と、社会常識を身につけていること。

4) 他者との意思疎通を円滑に行えるコミュニケーション力を持っていること。

5) PCリテラシーは、ワード、エクセル、パワーポイントが必須。デスク・トップ・パブリッシングやグラフィック、ホームページ作成ソフトも使えれば望ましい。

6) 年齢は概ね35歳前後までとしますが、個別ご相談に応じます。

   

3.勤務条件

1) 勤務日:月曜日から金曜日。ただし、出版物発行やイベント等の事情で、例外的に休日勤務が必要となることがあります。なお、休日勤務をした場合は、協議・合意の上平日に振替休をとることが可能です。

2) 基準勤務時間:10:0018:00。(休憩:12:0013:00 )ただし、出版物発行やイベント等の事情で、例外的に時間外に勤務していただくことがあります。

3) 休日:祝祭日並びに年末年始(1228日~14日)

4) 年次有給休暇:10日。

5) 給与

①本給:大卒初任給 月額 182,000円 を基本に、年齢、職歴を考慮して決定します。

②研究手当:月額25,000円。

6) 通勤費:通勤定期代を実費支給します。

7) 福利厚生:国民健康保険、国民年金の実額を給与と同時に支給します。雇用保険加入。

8) 試用期間:採用から6か月間は、互いの適性を評価するための試用期間とします。試用期間中は、研究手当は支給しません。

9) 雇用期間:単年度契約(更新可)。

 

4.応募に必要な書類

1) 履歴・職歴書(A4版、様式自由、写真添付)。

2) 応募動機、採用後への抱負(A41枚程度)

3) 語学力測定のための、英語文献例文(別添)の和訳。

 

<お願い>

★応募書類を郵送する時は、表に<応募書類>と明記してください。

★書類はステープラーではなく、クリップ止めでお願いします。

 

5.スケジュール

1) 応募締切り    2018630日(土) 郵便は当日消印有効、PDFファイル添付のメールでも可(必着)

2) 書類選考       201871日(日)~77日(土)(予定)

3) 面接              書類選考を通過した方に受けていただきます。7月中旬~下旬を予定しています。

4) 着任              201891日から930日の間。(個別ご相談に応じます)

 

【お問い合わせ先】

NPO法人ピースデポ

223-0062 横浜市港北区日吉本町1-30-27-4 日吉グリューネ1F

TEL 045-563-5101   FAX 045-563-9907

メールアドレス:office@peacedepot.org

 

 

〔別添〕英文和訳課題

 

次の英文を日本語に訳して、応募書類に添付してください。

核不拡散条約(Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons)の、ある再検討会議(Review Conference)における合意文書の一節です。

(この課題は専門知識やレトリック技術を測定するものではなく、英文の構造を把握しそれを忠実に日本語に移す力を把握するためのものです。)

 

The Conference reaffirms that the full and effective implementation of the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons and the regime of non-proliferation in all its aspects has a vital role in promoting international peace and security. The Conference reaffirms that every effort should be made to implement the Treaty in all its aspects and to prevent the proliferation of nuclear weapons and other nuclear explosive devices, without hampering the peaceful uses of nuclear energy by States parties to the Treaty. The Conference remains convinced that universal adherence to the Treaty and full compliance of all parties with all its provisions are the best way to prevent the spread of nuclear weapons and other nuclear explosive devices.