ホームに戻る
過去の「NEW」
ピースポとは
核兵器・核実験モニター
出版物
資料
メディアに登場したピースデポ
テーマ別
国別
プロジェクト報告
エッセイ・読み物
リンク

事務所地図
個人情報保護方針
Korean  
English
 
Webmaster


米国の核兵器政策 各国の核兵器政策 ミサイル防衛・宇宙 核兵器・多国間会議
カットオフ条約(FMCT) 包括的核実験禁止条約(CTBT) ASEAN地域フォーラム(ARF) 非核兵器地帯
米軍・基地・安保政策 北朝鮮・6か国協議 米印原子力協力 核軍縮・議員活動
自治体のとり組み テーマ別の目次


■ 非核兵器地帯


  ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
北東アジア非核兵器地帯の設立を求める
宗教者キャンペーン


2016年2月12日、日本の宗教指導者4氏の呼びかけで「北東アジア非核兵器地帯の設立を求める
宗教者キャンペーン」が発足しました。世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会が協賛し、
ピースデポは事務局としてキャンペーンを支援します。2月12日には衆議院議員会館で記者会見
を行い、以下の「宗教者声明」を発表しました。広く宗教界からこの声明への賛同署名を募り、日本政府や
国連への提出などを行う計画です。


宗教者声明
(2016年2月12日発表)
私たち日本の宗教者は、日本が「核の傘」依存を止め、
北東アジア非核兵器地帯の設立に向かうことを求めます


宗教者声明の呼びかけ人・賛同人になっていただける方は、こちらの回答用紙をダウンロード、
ご記入の上、ピースデポ事務所までEメール・FAX・郵送のいずれかでお送りください。

呼びかけ人・賛同人一覧  17/1/13現在  17/2/28現在

キャンペーンのリーフレットを作成しました。ダウンロードはこちらから

  ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
北東アジア非核兵器地帯リーフレット
リーフレット「北東アジアに非核兵器地帯を」(2011年10月改訂・A3裏表)
世界に広がる非核兵器地帯を紹介し、「北東アジア非核兵器地帯」への扉を開く、
9つの「だからできる」 を提案しています。
学習会などでお役立てください!


 
   北東アジア非核兵器地帯を求める自治体首長の賛同署名(2011年8月11日現在)

   図説:世界の非核地帯(2007年1月) 〜世界に「非核の傘」を広げよう〜

オンライン国際署名・・・・・・終了しました
今こそ、東北アジア非核兵器地帯の設立を!」

  オンライン署名について(最初にこちらをお読みください)
  オンライン署名のサイトへ

NPT再検討会議・NGOプレゼンテーション
東北アジアNGOチームが意見発表:「東北アジア非核地帯に向かって進め」
2005.5.11 ニューヨーク

モデル「東北アジア非核兵器地帯条約」 
        ・モデル「東北アジア非核兵器地帯条約」
        ・モデル条約に関する注記


ピースデポ・ぶっくれっと 「戦争ではなく 非核地帯を!」 03年4月30日●ジュネーブ国連ワークショップの記録

『東北アジア非核地帯』構想を日朝交渉のテーブルへ
ピースデポ/ピースボート共同声明
2002.11.7
現存する非核地帯と東北アジア非核地帯
梅林宏道(ピースデポ)
2001.1.30 ソウル
   
朝鮮半島の平和から東アジアの共同安保へ:東北アジア非核地帯化への時代的要請
リー・サムソン(李三星、韓国カトリック大学国際学部)
2001.1.30 ソウル 
   
東北アジア非核地帯推進国際ネットワーク・準備委員会
   
非核地帯に関するウプサラ宣言
2001.9.4 ウプサラ(スウェーデン)





米国の核兵器政策 各国の核兵器政策 ミサイル防衛・宇宙 核兵器・多国間会議
カットオフ条約(FMCT) 包括的核実験禁止条約(CTBT) ASEAN地域フォーラム(ARF) 非核兵器地帯
米軍・基地・安保政策 北朝鮮・6か国協議 米印原子力協力 核軍縮・議員活動
自治体のとり組み テーマ別の目次

特定非営利活動法人
ピースデポ
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-30-27-4日吉グリューネ1F
TEL:045-563-5101 FAX:045-563-9907
Email:
office@peacedepot.org