核兵器・核実験モニター

軍事力によらない安全保障体制の構築をめざす平和のための情報誌です。月2回・年間18回発行。

最新号 582号(2019年12月15日)(毎月1日,15日発行)

      • ローマ教皇の訪日
      • 「核兵器の保有は、それ自体が倫理に反しています」  ―相互尊重のみが平和を創る
      •  2019 年11 月23 日~26 日、第266 代ローマ教皇フランシスコ1 が訪日し、長崎、広島、東京の各所で平和への思いを込めたスピーチを行った。バチカン市国は、核兵器禁止条約の成立に貢献し、いち早く批准するなど、核軍縮へ大きな役割を果たしてきた。教皇フランシスコは、教皇として初めて核兵器の保有そのものを否定した教皇である。その歴史も考える。
      • <資料1>長崎・爆心地公園でのスピーチ
      • <資料2>広島・平和記念公園でのスピーチ1
    • ロシアが開発する新型核兵器運搬システム
    • NTI が報告書を公開
    • <表>ロシアの新型核兵器運搬システム
    •  
    • [連載]全体を生きる― 23 ミサイル防衛の愚行を止められない 梅林宏道
    •  
    • [日誌]核・ミサイル/沖縄(19年11月21日~12月5日)
  • PDF版はこちら
  •  
    • 【別冊】誌面でふりかえる『核兵器・核実験モニター』1995.7.15~2019.12.15

PDF版はこちら


バックナンバー
(3ヵ月より前のものは内容公開)

お知らせ