核兵器・核実験モニター

軍事力によらない安全保障体制の構築をめざす平和のための情報誌です。月2回・年間18回発行。

最新号 552号(2018年9月15日)(毎月1日,15日発行)

  • 北東アジアの平和と非核化:
     チャンスを今度こそ活かしたい
     市民社会での公正な情報の流布が鍵を握る
               梅林宏道(本誌主筆)
  •  南北朝鮮の板門店宣言と米朝首脳のシンガポール合意が脱線することなく実現されてゆくためには、情勢の推移を追跡し、米、韓、日の政府の動きを監視し、必要な要請を行うそれぞれの国の市民の努力が不可欠である。最近の動きを例にとりながら、メディアや研究者の情報をそのような活動にどのように活かすことができるか、ピースデポの今後の活動を念頭に置きながら検討する。
  • <資料> 李容浩(リヨンホ)DPRK外相の演説(抄)
         ARF、シンガポール、2018 年8 月4 日(朝鮮中央通信)
        
  • 米軍基地問題を捉える視座:
     沖縄から考える

     秋山 道宏 (沖縄生まれ、明治学院大学国際平和研究所助手)
  • 米国防総省で大規模な組織再編の動き
     宇宙軍省の創設計画と
     サイバー軍の統合軍への追加

    <資料1>国防総省の国家安全保障宇宙コンポーネントのための組織および管理構造に関する最終報告(抜粋訳)
    米国防総省 2018年8月9日
    <資料2 >サイバー軍は今や戦闘部隊に。ロジャーズ氏後任にナカソネ氏 (抜粋訳)
    米国防総省ニュース 2018年5月4日
        
  • [連載]いま語る― 82 若者が、動く
    光岡華子さん ピースキャラバン隊代表
  •          
  • [日誌]核・ミサイル/沖縄(18年8月21日~9月5日)

バックナンバー
(3ヵ月より前のものは内容公開)

お知らせ