【参加者募集】 2022年度 第8回「脱軍備・平和基礎講座」

ピースデポは2021年より、脱軍備と平和に関するさまざまな分野についての基礎的な連続講義を通じて、こうした問題に関心を持つ人々との幅広いつながりを作ることを目的とし、本年も脱軍備・平和基礎講座を開いています(2022年度全8回の講義内容を紹介したチラシはこちら)。どなたでも参加できる市民講座です。ぜひご参加ください。

日時:2022年12月17日(土)14時〜16時
題目:「『ジェンダーと平和』で問われているもの」
平和にむけた活動や政策においておろそかにできないジェンダーの視点について、押さえておくべき議論や課題から「平和」のつくりかたを考える。
講師:本山央子(お茶の水女子大学ジェンダー研究所特任リサーチフェロー)
形式:オンライン
受講希望者は12月15日(木)までに以下のリンクよりお申し込みください。
https://forms.gle/EhqzGHNR5KyqMeTT8
受講料:500 円(1 回分、お支払方法のご案内はこちら
学生・大学院生は無料です。
お問い合わせ先(担当:渡辺)
 メール:watanabeyosuke@peacedepot.org
 電話 : 045-633‐1796

脱軍備・平和レポート第18号(2022年12月1日)

<講義録> 第5回「脱軍備・平和基礎講座」
核なき世界へ、核兵器禁止条約と核不拡散条約の課題 中村桂子(長崎大学准教授)
 § 核不拡散条約(NPT))ってどんな条約?
 § 核兵器禁止条約(TPNW)ってどんな条約?
 § 今年あったこと① TPNW第1回締約国会議
 § 今年あったこと② 第10回NPT再検討会議
 § 私たちの課題は?

ロシアの核による威嚇や使用の懸念が続いたまま2022年も終わろうとしている。今年は6月に核兵器禁止条約第1回締約国会議、8月に第10回NPT再検討会議が行われ、核兵器廃絶にとって重要な2つの国際会議が相次いだ。両会議でのホットな話題を含め、 2つの条約を基礎から学び、「核なき世界」へ向け市民はどう進むのかを考えるべく、第5回脱軍備・平和基礎講座における中村桂子長崎大学准教授の講義録を掲載する。

<資料> 第10回NPT再検討会議 最終文書に関する議長の作業文書(抜粋 )と 「 決定 」
<資料1> 最終文書に関する議長の作業文書 第Ⅹ条第 187 節
<資料2> 次期再検討サイクルに関する決定

トピックス:国連総会緊急特別会合、ロシアのウクライナ4 州併合は無効とする決議採択/朝鮮半島周辺で軍事演習の応酬が激化/日常化する日米韓3 か国共同訓練/バイデン政権、国家安全保障戦略を公表/バイデン政権、核態勢見直しを公表 

連載 全体を生きる(40): 核軍縮日本決議:後向きにリード 梅林宏道

平和を考えるための映画ガイド: 自分でいられなくなる日――『ファーザー』

日誌: 2022年9月16日~2022年11月15日

DPレポート18号