17年7月9日付・毎日新聞朝刊に核禁条約採択を受けた代表のコメントが掲載されました

2017.07.09メディア掲載情報

核兵器禁止条約の採択に関する記事に、ピースデポ代表・田巻の以下のようなコメントが掲載されました。

———————
NPTよりも普遍性

 核兵器の非人道性を認め、使用から保有までを全面的に違法とした核兵器禁止条約を評価したい。米国やロシアの核保有を容認しながら、加盟国に不拡散を義務づけた核拡散防止条約(NPT)とは趣が異なり、普遍性を帯びた条約となった。
 条約は、核抑止力を否定する内容も盛り込まれた。条約に参加しなかった日本など、米国の核の傘に依存する国々に対して、安全保障のあり方を再考するよう促した格好だ。日本が核の傘から脱却するには、米国の政策とどうすり合わせていくのかが問われてくる。
 私たちNGOを含む市民は、日本政府が条約参加するような世論形成をしていかなければならない。自ら署名活動に加わるなど被爆者の尽力なくして条約制定はなかった。被爆者に頼ってばかりいてはならず、世代を超えて声を上げてほしい。