17年6月22日付・朝日新聞夕刊に核禁条約交渉での事務局長の発言が取り上げられました

2017.06.22メディア掲載情報

「核兵器の禁止条約『多くの国、賛成を』 被爆者ら国連で訴え」と題する記事の中で、ピースデポを代表して事務局長の荒井が行った発言の次の部分が取り上げられました。

「日本政府は、核兵器に依存する安全保障政策を採り続ける限り、現在交渉されている条約の締約国となるのは難しいだろう」

「我々は、日本政府が拡大核抑止(核の傘)への依存を克服し、この条約の下で核兵器を禁止し廃絶する道に加わるよう、切望する」

発言の全文はこちらをご覧ください。