528号(2017年9月15日)

公開日:2017.09.15

  • 【米国は新たな低威力核兵器開発に舵を切ってはならない】
  • 進行するトランプ政権の「核態勢見直し」 稲垣知宏
  • トランプ政権が「核態勢見直し(NPR)」の作成を進める中、米国が新たな低威力核兵器の開発を開始する可能性が取りざたされている。2016年、米国防科学委員会は、新政権に7つの優先事項を勧告し、その中で、低威力核弾頭開発に言及している。NPR作成の責任者でもあるポール・セルバ統合参謀本部副議長は、低威力核兵器の選択肢があることの戦略的意義を指摘している。以下、米国でのNPRの変遷と低威力核兵器に期待される役割について解説し、低威力核兵器開発が引き起こすリスクについて論じる。
  • 【梅林宏道氏が「核のない未来賞」を受賞】
  • 【イージス艦の衝突事故と日米地位協定 新倉裕史】
  • 【オスプレイ、また墜落事故】
  • 豪州で 普天間所属――つのる安全性への懸念
  • 【資料】北海道大演習場における日米共同訓練に関する要望書(恵庭市)
  • 【連載エッセー 全体を生きる 梅林宏道】
  • 第2回 土山秀夫さんを偲ぶ
  • 【[日誌]核・ミサイル/沖縄(17年8月21日~9月5日)】