564号(2019年3月15日)

公開日:2019.03.15

    • 危機に立つ新START
          ――条約延長に向け協議の開始を

                    山口 響
    • 本誌前号で報告があったように、米国がINF(中距離核戦力)全廃条約を離脱して同条約は事実上失効し、米ロの核軍拡競争が再燃する危険性が高まっている。ここでは主に戦略兵器に焦点を絞って、軍拡競争に向かいつつある米ロの現状を報告し、核軍備管理の今後を考えたい。
      <資料1>プーチン大統領年次教書演説(抜粋)
      2019年2月20日、モスクワ
      <資料2>国家核安全保障管理局、改造弾頭の第1生産ユニットを完成
      2019年2月25日

  • [ 資料] 米国務省:動く外交
        スタンフォード大学におけるDPRK に関する講演
  •    スティーブン・ビーガン 米国務省北朝鮮問題特別代表
  • 2019年1月31日、スティーブン・ビーガン米国務省北朝鮮問題特別代表が米スタンフォード大学でDPRK(朝鮮民主主義人民共和国)について講演を行った。北朝鮮問題の専門家ロバート・カーリンとの質疑応答も含めて、米国の対北交渉についての考え方が推察できるので、ここに資料として一部を訳出する。全文は米国国務省ホームページ(原文英文)で読むことができる。(編集部)
  • [連載]いま語る― 86 伝統芸能で平和の大切さを語っています
  • 神田香織さん 講談師。NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」理事長
  • [日誌] 核・ミサイル/沖縄(19年2月21日~19年3月5日)