核兵器・核実験モニター バックナンバー

545号(2018年6月1日)

公開日:2018.06.04

  • 4.27 南北首脳会談
    朝鮮半島における平和体制構築の基盤ができた
  • 4月27日、板門店において南北首脳会談が行われ、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」が発せられた。5月24日のトランプ大統領から金正恩委員長への書簡によって、6月12日に予定された米朝首脳会談は一旦、中止と発表された。しかし、その後、米朝の調整が行われ、予定どおり開催することとなった。ここでは、「板門店宣言」が持つ意義を概観したうえで、合意が実現されるために米朝首脳会談の実現がいかに重要であるかを考える。
  • <資料> 南北共同宣言(6.15共同宣言)
        南北関係の発展と平和繁栄のための宣言(10.4南北首脳宣言)(抜粋訳)
        南北首脳会談へ向けた韓国市民団体の声明 朝鮮半島の平和の春のために南北首脳会談に関する四つの原則を提案する。
  • トランプ大統領、イラン核合意離脱を表明 
    多国間合意への暴挙、米朝交渉への悪影響が必至
  • <資料>包括的共同作業計画に関するトランプ大統領の声明 
  • [連載]いま語る―80
    杉浦ひとみさん コスタリカに学ぶ会事務局長・弁護士
  • 私たちの子どもが戦争に行くことはない
  • [日誌]核・ミサイル/沖縄(18年5月6日~5月20日)

くわしく

543-4号(2018年5月15日)

公開日:2018.05.14

  • [論文紹介]北朝鮮との核外交の概括的なロードマップと作業計画
    モートン・ハルペリン、ピーター・ヘイズ、トーマス・ピッケリング、レオン・シーガル
  • 4月 27日に南北首脳会談が行われ、6月 12日に米朝首脳会談が行われようとしている。朝鮮戦争の終結、朝鮮半島の非核化、ひいては北東アジア地域の安全保障体制の構築へと向かう動きを、拙速を戒めつつ、成功に導くことが必要だ。この問題に関して、過去の交渉史を踏まえつつ、包括的なロードマップと作業計画を論じたモートン・ハルペリンらの論考の抜粋訳を掲載する。本誌526-7号(2017年9月1日)の続編となる論考である。
  • [賢人会議の提言を読んで]大槻邁、内藤雅義
  • <資料>賢人会議の提言と委員構成 
  • [2020NPT第2回準備委員会]
    2年後の最終合意への道筋が見えない
  • <資料>NPT準備委員会NGOセッションにおけるピースデポの発言 
  • [連載エッセー]全体を生きる―8梅林宏道
  • 南北首脳会談に思う
  • [日誌]核・ミサイル/沖縄(18年4月6日~5月5日)

くわしく

542号(2018年4月15日)

公開日:2018.04.12

  • [朝鮮半島の平和・非核化:好機を活かそう]
    ピースデポ、外務大臣に5項目を要請
  • 韓国に文在寅政権が登場して以来、朝鮮半島の平和・非核化問題の対話による解決が大きく動き出している。3月26日の中朝首脳会談によって、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長の究極的な非核化の意思と米朝首脳会談開催の意向が確認され、4月27日の南北首脳会談、そして5月中の米朝首脳会談の行方が、大きな関心事となっている。ピースデポは、日本政府がこの好機に建設的な行動をするよう要請する。
  • <資料>中朝首脳会談の新華社報道(抜粋訳)
  • <資料>外務大臣へのピースデポ要請文
  • [辺野古新基地建設はまもなく頓挫する!]
  • 大浦湾の活断層と厚さ40m の軟弱地盤問題
    ――設計概要変更申請は不可避 
  • [連載]いま語る―79 安在尚人さん 世界ヒバクシャ展事務局長
  • YES PEACE!2020年までに魅力的なビジョンを
  • [日誌]核・ミサイル/沖縄(18年3月21日~4月5日)

くわしく

541号(2018年4月1日)

公開日:2018.03.28

  • [軍縮基調を取り戻そう]
    トランプが浸蝕する世界の風潮、競争するプーチン
    グテーレス演説と南北首脳会談に希望
  • <資料>アントニオ・グテーレス国連事務総長のジュネーブ軍縮会議での発言(全訳)
  • <資料>南北会談に関する韓国政府発表文
  • <資料>金正恩、韓国大統領特使団と会見(全訳)
  • [プーチン大統領の年次教書演説]
    弾道ミサイル防衛網に対抗し新型核 ・ミサイルを開発
  • 3月1日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、モスクワで当面の施政方針を包括的に述べる年次教書演説を行った。約2時間にのぼる演説のなかで、ほぼ3分の1の時間をさいてロシアの軍事、核政策の強さをアピールした。大きなスクリーンに映し出された動画を背景に、世界中が射程に入るとする巡航ミサイルなど新型の核・ミサイル兵器を公表し、米国による世界規模の弾道ミサイル防衛(以下、BMD)網に察知されることなく攻撃できる体制を確保していることを誇示した。抜粋訳を5-6ページの資料4に示す。
  • <資料>プーチン大統領、年次教書演説(抜粋訳)
  • [連載エッセー]全体を生きる―7 梅林宏道
  • 北朝鮮核問題と植民地支配への謝罪
  • [日誌]核・ミサイル/沖縄(18年3月6日~3月20日)

くわしく

540号(2018年3月15日)

公開日:2018.03.23

  • [米「核態勢見直し(NPR2018)」]
    ―核兵器の役割を拡大し、「核なき世界」に逆行
  • 2018年2月2日、トランプ政権下での「核態勢見直し(NPR)」が公表された。以下に2つの論考を掲載する。ひとつはオバマ政権のNPRと対比しつつ全体を概観する稲垣知宏論文であり、もうひとつはブッシュ(子)政権のNPRと対比しつつ小型化傾向を論じる湯浅一郎・梅林宏道の論考である。資料1にトランプ政権のNPRの要約部分全訳(6~10ページ)、資料2に本文の抜粋訳(10ページ)を示す。 
  • <資料>NPR報告書要約(全訳)
  • <資料>NPR報告書本文(抜粋訳)
  • [連載]いま語る―78 トニー・ロビンソンさん
    (アボリション2000調整委員)
  • お金よりも大切なのは人間の命
  • [日誌]核・ミサイル/沖縄(18年2月21日~3月5日)

くわしく