核兵器・核実験モニター バックナンバー

496-7号(2016年6月1日)

公開日:2016.06.01

【寄稿】
 マーシャル「核ゼロ裁判」と核軍縮交渉
  ――山田寿則(明治大学兼任講師/国際反核法律家協会(IALANA)理事)
【資料】
 オバマ米大統領の広島訪問に際し、日米両首脳にNGOが要請書
 「核兵器のない世界を実現するために 言葉だけでなく、真の行動をとることを求めます」
  (核兵器廃絶日本NGO・市民連絡会)
【OEWG参加報告】
 国連「核軍縮」公開作業部会(OEWG)第2会期がジュネーブで開催
 ピースデポは作業文書を提出、代表と事務局長が参加・発言
  <資料>ピースデポ作業文書(全文)  英語版(正文)→
【政府の「核兵器合憲論」を糺す】
 「自衛の範囲内ならば核兵器を持てる」――政府が再び答弁書
 なぜ「全面違憲論」に立てないのか
  <資料>国会議員の質問主意書と政府答弁書(2016年、1973年)
【連載「いま語る」65】
 「自分の信仰の根本に立って行動することが一番」
  小橋孝一さん(「北東アジア非核兵器地帯・宗教者声明」呼びかけ人、牧師)
【日誌】核・ミサイル/沖縄(16年4月21日~5月20日)

PDF版はこちら(1.1MB)

くわしく

495号(2016年5月1日)

公開日:2016.05.01

【ワシントンで第4回核保安サミット】
 継続的取り組みを確認し、シリーズは終了
 「核なき世界」の目標を見失うな
  <資料1>2016核保安サミット・コミュニケ(全訳)  原文→
  <資料2>核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)から第4回核保安サミットへの公開書簡(全訳)  原文→
  <資料3>オバマ米大統領の16年3月30日付「ワシントン・ポスト」紙への寄稿(全訳)  原文→
【短信:北朝鮮の動向】
 政治・外交パフォーマンス、5月の労働党大会に照準
【ピースデポ第17回総会記念講演会 抄録③】
 対論「未来へ――日本の選択はどうあるべきか?」
  西崎 文子(東京大学大学院教授) × 梅林 宏道(ピースデポ特別顧問)
【日誌】核・ミサイル/沖縄(16年4月6日~4月20日)

PDF版はこちら(1.2MB)

くわしく

494号(2016年4月15日)

公開日:2016.04.15

【マーシャル諸島「核兵器ゼロ」裁判】
 応訴は3か国(英国、インド、パキスタン)
 裁判管轄権に関する口頭弁論おわる
【英核戦力トライデント】
 英国労働党、「トライデント更新」方針再検討に着手
 支持母体の労組は雇用のため「更新推進」
【資料】
 プルトニウム分離の中止で世界の核セキュリティー強化に貢献することを求める安倍首相への要請書
【ピースデポ第17回総会記念講演会 抄録②】
 講演「日米関係と日本の核政策―歴史からの問い」(下)
   西崎 文子(東京大学大学院総合文化研究科教授)
【日誌】核・ミサイル/沖縄(16年3月21日~4月5日)

PDF版はこちら(960KB)

くわしく

493号(2016年4月1日)

公開日:2016.04.01

【国連核軍縮公開作業部会への私たちの提案】
 「使用禁止」から「包括的禁止」にすすむ段階的アプローチを
  ――核兵器依存・非核兵器国に貢献の道
【ピースデポ第17回総会記念講演会 抄録①】
 講演「日米関係と日本の核政策―歴史からの問い」(上)
   西崎 文子(東京大学大学院総合文化研究科教授)
【特別連載エッセー「被爆地の一角から」95】
   「知る権利を阻害させてはならない」土山秀夫
【日誌】核・ミサイル/沖縄(16年3月6日~3月20日)

PDF版はこちら(1MB)

くわしく

492号(2016年3月15日)

公開日:2016.03.15

【国連安保理がDPRK非難・制裁決議】
 「ヒト、モノ、カネ」の国際的流れを絶つのが狙い
 「武力制裁と挑発」の併用は危険な選択
  <資料>国連安保理決議2270(抜粋訳) 原文→
【核軍縮「公開作業部会」(OEWG)、ジュネーブで始まる】
  ――第1会期での議論から
【連載「いま語る」64】
 「核兵器廃絶は論理的に正しい」
   豊田健主さん(長崎大学経済学部生/RECNAサポーター)
【日誌】核・ミサイル/沖縄(16年2月21日~3月5日)

PDF版はこちら(930KB)

くわしく