核兵器・核実験モニター バックナンバー

2011年発行(367-8~390号)

公開日:2011.12.15

390号(2011年12月15日発行) PDF1.0MB

【2012年中東会議へ:IAEAとアンマン、2つの国際会議】中東固有の諸問題に慎重な準備
   <資料1>IAEA中東フォーラムにおける天野之弥IAEA事務局長の演説 2011年11月21日、ウィーン
   <資料2>議長要約(抜粋訳)
【資料:核兵器及び他の大量破壊兵器のない中東を支持する共同議員声明】
【国際赤十字・赤新月社が核廃絶決議】人道機関として「歴史的役割担う」と宣言
   <資料>2011年「国際赤十字・赤新月運動代表者会議」 
       決議1「核兵器廃絶へ向かって進む」2011年11月26日、ジュネーブ
【メドベージェフ大統領】欧州MD計画への厳しい対抗措置を表明、実施
   <資料>NATO諸国による欧州ミサイル防衛システムの状況に関する声明 
       11年11月23日 モスクワ州、ゴーリキー

(さらに…)

くわしく

2010年発行(343-4~366号)

公開日:2010.12.15

366号(2010年12月15日発行) PDF0.8MB

【英国、「核のない世界」はどこへ?】
 「戦略防衛・安全保障見直し」発表 財政危機のため戦略核原潜の艦齢延長
  <資料>「不確定な時代における英国の安全:戦略防衛・安全保障見直し」2010年10月(抜粋訳)
【ロシア元首相ら4人の元高官が提言】核軍縮は国際関係を根本的に変革する手段
  <資料>「新たな軍縮計画を開始せよ」2010年10月22日(全訳)
   エフゲニー・プリマコフ/イーゴリ・イワノフ/エフゲニー・ベリホフ/ミハイル・モイセーエフ
【寄稿】「武器貿易条約(Arms Trade Treaty)国連プロセス―経緯と課題」
       夏木 碧(オックスファム・ジャパン ポリシー・オフィサー)
【特別連載エッセー「被爆地の一角から」51】「核兵器国をどう説得するか」 土山秀夫

(さらに…)

くわしく

2009年発行(319-20~341-2号)

公開日:2009.12.15

341-2号(2009年12月15日発行) PDF1.0MB

【「核の傘」では安全は守れない】
  北東アジア非核兵器地帯で初の「日韓議員フォーラム」
【MPI訪日代表団】核軍縮への日米の効果的な協力の道を探る
  日本は道義的権威をもって行動すべきだ
  <資料>MPIブリーフィング・ペーパー(2009年10月)
      「約束を守る:安保理サミットから2010年NPT再検討会議へ」
【イラン核問題でIAEA新決議】――追加制裁では解決しない
  <資料>IAEA理事会決議 GOV/2009/82(09年11月27日)
【国連総会本会議】日本決議、NAC決議、マレーシア決議を採択  
【連載:いま語る―29】森田隆さん(ブラジル被爆者平和協会会長)
  「新政権は 在外被爆者援護を」 

(さらに…)

くわしく

2008年発行(295-6~318号)

公開日:2008.12.15

318号(2008年12月15日発行) PDF1.0MB

  【「モデル北東アジア非核兵器地帯条約(案)」をアップデート】
     世界と地域を共鳴させよう 北東アジアで核兵器を禁止することの意義
         <資料>「モデル北東アジア非核兵器地帯条約(案)」(草案5、08.12.13)
  【国連憲章第26条に立ち返る】 安保理で軍備規制めぐり公開討論 コスタリカが提案
          <資料>コスタリカによる趣意書「軍備の一般的規制と削減による集団的安全保障の強化
                         ―平和と発展のためのもっとも安全な途」(08.11.19)
  【連載 いま語る―23】 鎌仲ひとみさん(映像作家) 
       「もうひとつの世界への 思考の転換」

(さらに…)

くわしく

2007年発行(271-2~294号)

公開日:2007.12.15

第294号(2007年12月15日発行) PDF0.1MB

 【核廃絶こそ市民を守る唯一の途】  広島市が「核兵器攻撃被害想定」報告書 
 【米印核協力を巡るインド国内の論議】  「核協力」反対、「核実験再開」賛成
 【米議会の動向】  2008年度の新型弾頭関連予算決着つかず
 【特別連載エッセー -被爆地の一角から】 25「新型爆弾」か「原子爆弾」か 土山秀夫

(さらに…)

くわしく